そんなことを記載している


by synntwgf
セロトニンってなんだろか?私の中ではこの意味の分からない成分が低下しているために自分自身を失っているのかもしれない。日々の生活の中で、このようなことがどうしても低下していくことで、緊張したりとか、自分を失ってしまい不安に落ちいってしまうんだと思う。本当に不安なことってあるとは思うのですが、不安をコントロールしていると脳内物質の一つにセロトニンがあるとですが、これが緊張とかして社交不安障害に落ちいってしまうわけなんですね。

誰だって人生においては辛いようなことはあるんですが、どれだけのことを考えてから日々を送っていけるのかが重要になるはず。必要な部分と大切な部分を考えておかないと、後からが怖いことになる。時間は掛かるのですが、どれだけのことに対して興味を持っていけるのかが重要。研究が進んでいる今の医学では、これがよく働く人は不安を感じにくくなってるんだって。

すごく大切なことだと私は思いますね。今までは見失っていたことなんですが、これから先のことを考えてから、こういったことをどれだけ考えて置けるのかが重要なのかもしれませんね。そのセロトニンを有効利用して、不安や恐怖を感じておくこと。これが次の自分に対してもちゃんとつながってくれるはず。セロトニンについてはこれから先、いろんな部分に対しても繋がるはずなので、自分にあったことをどれだけ意識していけるのかが重要にもなるはず。


[PR]
# by synntwgf | 2016-05-08 13:14

運動を始めてきても、きっかけがつかめないために、どうしても体のバランスが崩れてしまう。こういったことを考えてから、どうしたら良いのかがうまく出てこない。どうしたら良いのか?自分にとって、どんなことが本当の望ましいやり方なのかを考えてからやることが重要になるはずなのに、こういった部分ができないといけないはず。

そこで、体の運動をどれだけ考えてから体の運動やリズムを計画的に行えるのかを考えています。今の私にとってどれだけのリズムを考えて行えるのか、考えておくかが重要になるはず。

去年、スポーツくらずに通い、自宅トレーニングのためにバランスボールとストレッチ用ボールを買いましたが、ダケド、部屋が散らかっていてスペースがなくて、一度も使い切れなかった。年末に部屋を片付けられなくて、今年も、綺麗な部屋を、自分にとっては、どうしたら良いのかがわからなくてタジタジだったわけなんです。こういったことを、どれだけ考えてから行えるのかが重要になるはずだ。

[PR]
# by synntwgf | 2016-03-23 17:27

社交性不安障害

社交性不安障害ってなんなのか?まさか知り合いがこのような症状に苦しんでいるとは、、、話を聞いて私は驚きましたから。だから私も少し気をつけておかなくてはと思っている。予期せぬ時にパニックを起こすのが特徴だそうです。

命の危険をかんじるような発作を繰り返すこと。

社交不安障害の症状は対人場面での症状で一人の時は起こりませんが、パニック障害は突然一人でいる時にでも身体症状が起こる。
急な動機やザワザワ感、息苦しさ、体が暑くかんじる、手足が震える、大量の汗をかくなどがパニック発作。発作状態を数かい経験すると、外出するのが嫌になったりする。

こういった怖い症状もあるわけなんですよね。

そんな中で、どのようなことをするのか?どういったことをすればいいのアカを考えてから、自分にとって必要なことを選択肢することが大事になるはず。

薬を服用していけば、少しずつ気分が楽になって安定し、発作をこわがらないで生活できることになると思う。

[PR]
# by synntwgf | 2015-10-31 17:30

冷えやストレスが溜まった人に、お通じコロコロなんかいいのかも。お腹がいつも冷たく下痢をしやすい。月経魔には便秘になるし、こんな人は体幹の血流が悪い冷えの便秘。このタイプには温熱刺激がいいと言われています。それから、ストレスでコロコロ便と下痢を繰り返す、ストレス便秘には温熱刺激は向く。

普段の中でお座なる事なかれ、基本を忠実に、ナニをすることが重要なのかを考えておこなうことが大事。

そこで、ペットボトルを使っています。
ホットドリンク専用のオレンジ色のキャップのペットボトルに70~80度のお湯を入れる。これを直接または衣服に肌に当てて入れます。3秒、3回程度の温熱刺激が驚くほど効くんですね。

[PR]
# by synntwgf | 2015-02-15 17:47

私に必要なロキソニン

おとといと昨日は酒をたくさん飲みました。普段は一滴も飲まないのですが、仕事の終わりに、毎年のような仕事の飲み会。仕方がないと思っていたんですが、1日に1リットル以上のアルコールが体の中に入り込んでくると、頭がおかしくなりそうです。

私以外の人は毎日のように酒を飲んでいるために、あたりまえだと思うのですが、かなりつらいものがある。二日酔いよりも、飲んでいるその日にやってくる。胃痛、胸焼け、胃が持たれる感じ。ゲップや腹部の痛み。食欲不振。お腹がギリギリと痛み出し、最終的には夏至になってしまうんですね。そこで、酒を飲む前、飲んだあとはこちら「ロキソニン」ですね。

ロキソニンの詳細胃酸分泌の抑制で、吐き気や痛みなどを抑えてくれるH2ブロッカーのファモチジン、ラニチジン等色いろあるんですが、ロキソニンはH2ブロッカータイプ。わたしにはロキソニンがあればだいぶ和らげてくれる。今では、常に所持しておかないといけない感じです。

[PR]
# by synntwgf | 2015-01-01 16:45